施工計画

弱電工事とは

弱電工事 概略
弱電工事とはわれわれの生活、を支える要の電気工事です。
生活レベルで言えば、いまや当たり前のWi-Fi、インターネット、ケーブルテレビは弱電工事です。また、われわれの生活を安全に守ってくれている、インターフォン、防犯カメラ、火災報知機も弱電工事です。これらの情報をつかさどる電気工事を弱電工事といいます。今回はそんな弱電工事についてかいてまいります。

記事の目的 ・電気工事における強電でだけでなく弱電を理解する ・弱電を理解することで建築の計画重要な電気工事を理解する。

記事を読んでわかること
弱電と強電の違いについて理解、弱電と必要とするものを理解できる

弱電とは? 強電と弱電の違い 

強電は電気エネルギーを利用して電気器具を動かす、電気エネルギーを運ぶ動脈

具体例:照明器具、電気コンセント、換気扇、エアコンを動かす使用する電気

弱電は電気を利用して、通信、制御、情報を運ぶ動脈である。

具体例:電話設備、インターホン、火災通報装置、情報配線設備、インターネット、ケーブルテレビ
違いをあえて比較するのであれば
電圧 48V 以上は強電、48未満弱電
使用別 強電 エネルギー 弱電 信号ライン

弱電工事で大切な事
TV、LAN,電話 電話回線、LANケーブル数、の採用は建築主によく確認する。 未決であっても未来的に予想される場合は引き込み可能なように配管はしておくこと。 セキュリティ、警報設備【火災、警備等、セキュリティ電子錠】 どんな建物であれ、火災警報器の設置は義務づけれているめため、適正位置を確認する また、インターホン、電子錠、カメラなどの防犯の機器の取り付けもあるため建築主の 運営、利用をよく考えて理解して計画すること

弱電ケーブル種類 凡例
弱電は電気を運ぶだけでわないため使用する情報設備によってケーブルの種類が異なります。
・同軸ケーブル 【UHF,CATV,BS,】
・電話ケーブル ・同軸ケーブル 【CS用】
・エンハンスドカテゴリー5ケーブル【LAN用】
・火災報知機 ケーブル

まとめ
弱電工事、建物の未来をになう機能を形成する大切な工事です。未来的にも 多くの弱電工事は成長の道です。より建築主と弱電工事は計画的行うこと 電気と違い使用する信号器具によって電気の配線の種類もことなるため重要工事になります 以上、弱電についてでした。