施工計画

危険予知活動 ー必ず持った方がいい意識ー

知りたい方


危険予知活動って必要
危険予知活動ってなんだ
職人さんとコミニュケーションとる機会がない
現場をより安全管理高めたい
建設リスクヘッジってなんだろう

この記事を読むと

•危険予知活動の重要性がわかる
•職人さんとの信頼の深め方がわかる
•建設的自分のリスクヘッジを学べる
•現場をより安全にたかめる 

目次

1、危険予知活動ってなに
2、危険予知活動で現場を安全に
3、活動することで職人との信頼を
4、活動することで自己の成長に
5、まとめ

建設業における労働災害は平成29年度で死傷者15374人、死亡者309人となっておりとまだまだ、災害の多い業界です。皆家族、大切な人がいるはずです、人生を楽しむためにも、今一度危険予知について学びましょう。

1,危険予知活動って何 

危険予知活動とは労働安全衛生法が掲げる 
労働者の危険または健康障害を防止するために必要な措置を講ずることと定められております。 このことより建設現場で発生する重要災害を未然に回避、安全な現場環境をつくるための活動を危険予知活動 KY活動といいます。

・危険予知活動=KY活動
 目標;重大災害回避するための活動

・危険活動の目的
 現場、作業内容どのような危険があるか
 危険に対して回避する方法、対策を考える
 考えた対策をどのうように安全活動とするか
 作業員への安全作業の意識を高める
 全員で危険を共有して考える 

・KY活動用紙の作成 職人と監督で周知して対策する
 内容
  ・作業内容  作業に伴った危険を抽出
  ・危険ポイント どのような危険があるかを認識 
  ・リスク評価  実際どれくらいのリスクが考えられるか認識する
  ・安全対策  危険にたいしてどのような対策をするか
  ・リスク再評価 再評価して危険リスクを最小化し考える

2、危険予知活動を通して安全な現場つくりを

・職人だけでなく監督も毎日の自分KY,職種KY活動をすることで         現場の危険ポイントを抽出
 →KY活動後、職人たちとKY活動シートをもとにKY活動を行う
 →職人それぞれの意見等をヒアリングする
 →現場場所、作業に対する危険ポイントを見つけること
 →過去の労働災害の事例を参考に共有、考える
 →職人は一人ひとりが危険に対して意識し安全活動をする、監督は現場を安全環境に対策する
 
監督が意識し前線でKY活動を意識して務めることは安全な現場つくりに絶対かかせないものです。また、一人ひとりが意識を高めることで現場の安全と作業の安全を高めていくことが重要です。

3、危険予知活動を通することは職人との信頼を高める方法

・危険予測活動をして意見交換をすることは職人と監督のコミュニケーション
・危険を知り職人作業を知ることは相手の仕事学ぶ機会である
・危険を活動を共有して、指示することは相手を大切に思っての活動になる
・職人だけでのKYではかたよった危険活動なるため監督が見抜く感性が重要
・活動をとおして職人、監督でなく最高のパートナーになる

危険活動をすることは危険リスクを回避するリスクヘッジの活動だけでなく、職人たちとの信頼関係を高める方法でもあり、建物を安全に一生懸命建てたいと想いは関わる人たち全員の目標であるそのためただの危険活動でなく思いやり共有し意見交換する意識をもつことでより高い危険予測活動と信頼を高められると思います。

4、活動をすることは自己の成長に

 ・リスクをヘッジする能力                          建設だけでなく自分に対して起きるマイナスを事前にとらえる
 ・リスクを見越す読む能力                          自分の活動なり、未来を見越す読む納涼区
 ・リスクを知り対策する力                          問題トラブルにたいして対策を考える力
 ・活動して指示 教える力                          人に指示して、理解させ活動させる交渉、指示力
 ・毎日することで磨かれる                         毎日することでより磨きをかけることができる

5、まとめ

危険予測活動、労働災害を回避するために絶対必要な活動であります。どんな現場おきる可能性は限りなく0になることはないでしょう、だがしかし、活動を日々することでかぎりなく起きないようにつとめることはできます。大切な人生です毎日楽しく、一生懸命頑張れるよう活動しましょう。危険予測活動はただの労働災害方法をだけではございません、この活動をすることは自分の成長、周りの信頼関係を高めあうことで安全活動をつくりつつ、より高い安全な現場つくりと自己の成長に繋がります。ぜひ皆さんも建設現場でなくても危険予測活動してみてはいかがでしょうか。