施工計画

 ユニットバス工事 施工管理

記事の目的
・ユニット工事の理解、管理
・ユニットバス工事の施工について学ぶ
・ユニットバスについて知る

わかること
ユニットバスの施工方法、管理がわかる

ユニットバス工事で大切な事
ユニットバス工事でわ、水回り工事ですのでしっかり管理すること、また ユニット製品のため組み立て方や施工設置寸法をしっかりおさえて意匠図面との 整合性をよく確認して設置可能確認、また排水経路を確認して床勾配、ユニットバスの 設置たかさ等をよく理解することが重要です。

施工確認タイミング 【新築】
躯体工事完了→内装墨出し→界壁工事→ユニットバス設置工事→間仕切り工事

ユニットバス工事計画編
1、ユニットバス仕様の決定、承認図確認  
→ユニットバスの仕様決める【サイズ、色、仕様】  
→ユニットバス図面確認【設置、施工寸法確認】
2、設備施工図確認
 →ユニットバスまでの距離確認、排水床勾配による   床懐寸法確認  
→ユニットバスの換気経路の確認【天井懐等】
3、平面詳細図【意匠図】で設置位置の確認  
→設置有効寸法の確保の確認   
→ユニットバス設置高さの確認  
※カイザー枠、下枠との関係があるため確認
4、現場入れ納期の設定、搬入に伴う警備員手配
→大型納品のため日付設定重要 5、現場打合せ日程連絡

現場現地打合せ内容
・施工日程、施工期間
・搬入台数、搬入日数
・施工職人数とペース
・ユニットバス施工設置可能寸法確認  
→先行LGSの場合止め位置墨出し依頼
・設置高さ、陸墨位置確認  
※部屋によって設置高さの違いがあれば事前相談
・施工区分と施工手順確認   
設備→排水のつなぎと給水、給湯段取り   
換気→バス乾燥機つなぎ等

ユニットバス施工手順
1、設置墨出し
2、床組   
→設置高さが調整する
3、壁組立
4、天井組立
5、止水材【シール】、パッキン施工
6、内部 器具付け
7、ドア吊り込み

現場当日 打ち合わせ ユニットバス
1、設置位置、高さ指示
2、陸墨位置確認
3、仮置き場等指示

施工確認
・ユニットバス 設置位置、高さ確認
・設備、換気区分部分までの施工完了確認

まとめ
われわれの生活を支える浴室、ユニットバスとても重要な工事であり、、水回り工事ですのでしっかりとして施工確認、またユニット規格ものであり、他業者との調整協力が必要な工事ですので計画的に、いいユニットバスを施工しましょう。